ITサービスについて

ITに関係したサービスはあらゆるところに存在し、誰でも受けることができます。買い物をした際のオンラインのカード決済のサービス、ネットで買い物をして商品を送ってもらう、商品を配送・配達するデリバリーサービス、車が故障した際、連絡すれば業者が来てくれ必要な処理をしてくれるロードサービス、家のセキュリティ管理をしてくれるホームセキュリティ、などなどいろいろあります。

また、気が付かないうちに受けているサービスもあります。
問題解決の道具であるコンピューターシステムとそれを運用し管理することで、問題解決を遂行する手助けをすることを「ITサービス」と読んでいます。

そして問題を確実に解決できるようITサービスの品質の維持、向上、効率化を図っていこうとするのが、「ITマネジメント」であり、ITサービスを利用できるようサポートするのが、「サービスサポート」であり、ITサービスを高い投資効率で改善していく範囲として「サービスデリバリ」とに分けています。これら「ITサービスマネジメント」の部分を以前は「システム運用管理」と呼んでいました。

そして「ITサービス」はいつでもどこでも使えるように望まれています。
『運用として求められること』として、いつでも使えトラブルなどがないことが大前提です。

次に「ITサービス」を利用した際には、素早く対応することが求められていますが、安全面からセキュリティ確保も必須としてあり、これを実現するためには費用がかかるため適正な費用でレベルの高いサービスであることが求められます。
これらを運用していくためシステム運用管理に求められる運用業務、ITサービスマネジメントが求められています。

今日のITの発展に深く関わっているのがインターネットの普及です。ネットワークのシステムを作っているのは、紛れもなく人の手です。多くのエンジニアの努力があってこそ、今日の便利なITの世の中が実現しているのです。そんなネットワークエンジニア達の仕事について興味がある方はこちらを見てみて下さい。≪【ELSEIF】私がネットワーク系フリーエンジニアになった理由

コメントを残す